どんな病気に効くの?

こんな症状に効果があります

 

 

『鍼灸が効くのは、筋肉痛、神経痛、関節痛だけでしょ?』
とお考えかもしれません

いいえ、それは誤解です

実際は、筋肉痛や関節痛だけでなく、
内臓疾患やホルモン・自律神経の病気にも効果があります
 
内科でみてもらうような症状も、鍼灸治療が効くことが多いのです
 
ただ、特に頭・胸やお腹の異常の場合は
注意が必要です


頭・胸・お腹の不調の場合は、鍼灸治療を受けられる前に、

まずは医療機関にて、検査をお受けになることをお勧めしています
「病院にいってもよくならなかったら、鍼灸にかかってみよう」
というスタンスが適切です 

なぜなら、重大な疾患が隠れているかもしれず、
現代医学の診断と治療が有効な場合も多々あるからです

「病院で治療を続けているが、なかなか良くならない・・・」という方は、
当院の鍼灸治療がお役にたてるかもしれません。

詳しく話を聞いてみたいという方は、
ひととうり当サイトに目をとおしていただいたうえで、
お気軽にお電話ください

 ☎080-6671-1286(院主 林田 直通携帯)

 ご質問や疑問に、お答えさせていただきます

 

 

 

 

【 頭・顔部 】
偏頭痛
円形脱毛症
花粉症
蓄膿症←click
口内炎
口唇ヘルペス
むちうち
顔面ヘルペス
顔面神経痛(正しくは三叉神経痛)
顔面神経麻痺
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎 

 【目・耳】
ものもらい(おひめさん・麦粒腫)
結膜炎
白内障・緑内症
目の違和感
中耳炎
メニエル病

 【 胸 】
風邪←click
扁桃炎
気管支炎
気管支拡張症
喘息
肋間神経痛 click
母乳が少ない
乳腺炎
乳房のしこり
狭心症
心臓神経症

         

 

 【お腹】
胃炎・胃潰瘍
十二指腸潰瘍
膵炎
肝炎・肝機能障害
胆のう炎
過敏性腸症候群
虫垂炎
クローン病
潰瘍性大腸炎
便秘
膀胱炎
夜間頻尿
失禁
前立腺炎
前立腺肥大
インポテンツ

生理痛・生理不順
子宮筋腫
子宮内膜症

【手・足】
足底筋膜炎
(踵の痛み)

水虫
タコ・イボ
魚の目
むずむず足症候群
静脈瘤
ばね指
腱鞘炎



  

【全身症状】
自律神経失調症
うつ
関節リウマチ
糖尿病
パーキンソン症候群
脳卒中後遺症
貧血
ケガの後遺症 
 
更年期障害

ヘルペス全般(帯状疱疹)
バセドウ病・橋本病
アトピー性皮膚炎
脊柱側わん症

最近、NIH(米国国立衛生研究所)は、見解として、鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。

WHO(
世界保健機関)鍼灸療法の有効性を認めた病気として、次ぎのものを挙げています。

【神経系疾患】

◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

上記疾患のうち「◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。
※健康保険の手続きについては、医師の同意書が必要となります。手続きについてはご相談ください。
 

 

 鍼治療を受けない方がよいケースもあります。

よくある症状で、鍼灸治療がふさわしくない場合を以下に挙げました。


以下の症状の場合は、鍼灸治療ができません。

早急に医療機関にかかることをおすすめいたします

        
 39度以上の高熱。あるいは平熱より3度以上高い状態。

以下の症状の場合は、第一選択として、鍼灸治療を選ぶのではなく、
まずは病院にて現代医学の治療を受けるのが適切です
※検査が済み、病名が判明した後は、
以下の症状でも、鍼灸治療をうけることで早期治癒が可能になります

      ・ある日、もしくは、ある瞬間を境に、耳の聞こえが悪くなった
    (突発性難聴の可能性があります。耳鼻科での治療がはるかに有効です)

      ・骨折した
    (リハビリとしての鍼灸治療は有効です。
     ギプスが取れる前から、ギプスを嵌めたままで治療が可能です
     早く回復します )

      ・捻挫した
     (リハビリとしての鍼灸治療は有効です。早く回復します)

      ・血を吐いた 血痰がでる
        
・チアノーゼ

 

      ・言葉がでない(失語)

 

      ・尿がでない。少ない。

 

 

 

 

お問合わせ&予約Tel:

080-6671-1286

(対応は朝7時~夜10時までOK)