はじめての方へ

 

☆針は痛いので怖い・・・という方へ

 針といえば、注射針や裁縫の針をイメージされていませんか?

 当院で使う鍼の細さは、0.16mmであり、これは髪の毛ほどの細さです
実際に触れると毛のように柔らかいです
 
ほとんど痛みはありませんので、ご安心ください
(腰に使う鍼はやや太くなりますが、それでも0.18mmの細さです)

 それでも鍼が怖いという方には、皮膚に触れるだけの鍼や、先端の丸い棒による「刺さない」施術や、鍼を使わない指圧のみの施術メニューをご用意しております

 人によって適切な刺激量は異なります
太い鍼でないと効かない、というわけではありません
強い刺激が気持ちよく感じる方は、太い鍼が相応しいことが多いのですが、今の時代はそういう方は少ないようです

 鍼が怖いという方、刺されるのがとっても痛く感じるという方は、
弱い刺激で充分効くことが多いです
不安な方は、遠慮なく御相談ください


☆お灸の痕が残るのが心配・・・という方へ

 背中一面に、たくさん残ったお灸の痕を
イメージされてるかもしれませんね

 確かに、大きなもぐさの塊を、皮膚に直接焼きますと
そのような痕が残ります
 
 ですが、当院のお灸は、下地としてアルミのお灸専用シールを貼り、
米粒くらいのサイズで行いますので、一時的に赤くなることはあっても、
痕は残りません

 また、お灸は、長年の慢性症状の原因になっている体質を改善するのに、確かな効果があります
 時には鍼以上の効果が表れます

 それでもお灸が苦手という方は、遠慮なくお断りください



☆治療後の反応および副作用について

 施術後、一時的にだるさや疲れや眠気を感じることがあります

 これは陽転反応(=めんけん反応)と言い、身体の各システムが、病的な状態から健康な状態へと戻ろうと、あえて機能を落として調整をしている状態です
パソコンでいえば、スイッチを入れた後しばらくはキーボードを叩いても反応せず、システムチェックをしている状態に例えることができます。
1・2日経過しますと、かえって身体のキレが増しているのを実感できます

 また、一部の薬にあるような習慣性や、副作用はありません


☆針の衛生状態が心配・・という方へ

 全て滅菌処理された使い捨てのハリを使います
その回に使用した鍼は全て廃棄し、治療のたびに新しく開封します


☆裸にならなきゃいけないの?

いいえ、裸になる必要はありません


部分的に腹部や背中などを露出することはありますが、
下着を着用したまま、ワンピース型の専用治療着と、7分丈ズボンを
着て頂きますので、女性の方でも気軽に受けることができます

☆治療後は運動・入浴してもいいの?

軽く汗をかく程度でしたら、運動は特に問題はありません

当日の入浴は、長時間湯船につかるのは避け、
シャワーのみの方が良いです
長時間湯船につかりますと、湯あたりを起こすことがあります


☆治療当日気をつけることは?

治療当日の飲酒は、酔いが格段に廻りやすくなりますので、
治療当日の治療前と後は、お酒は飲まないようにしてください。
飲酒後の治療はお断りしております

治療した日は多めに睡眠を取ると治癒効果がアップします


☆飲酒・喫煙について

大量の飲酒を続けますと、肝臓だけでなく、胃腸膵臓をも弱らせ、
血液が濁ってしまいます
タバコを吸いますと、血液の濁りに加えて、血管が収縮し、血流がわるくなります

酒で血液が濁り、タバコで血管が細く縮んだ状態では、
免疫力が上がりにくいです
 
こうなりますと、治療直後は一時的に症状が良くなりましても、
すぐに元どうりのつらい状態へと戻ることが多いです


特に長期慢性症の方は、大量飲酒・喫煙のままでは、効果が得られず、
つらい症状が続いてしまいます

ですので、完治を目指される方は、減酒・禁煙に取り組んでいただくことを
強くおすすめします

最近は、病院の禁煙外来に行きますと、
禁煙に効果のある薬を処方してくれます

病院の禁煙外来を利用されるのも、禁煙を成功させるよい方法です

長期慢性症の方で、どうしても、減酒:禁煙ができないという場合は、
治るまでに、時間も治療回数もお金もかかることを御承知下さい

 

症状が軽い方には、減酒・禁煙はこちらからは提案しておりません