さくら鍼灸院の方針

さくら鍼灸院は次のことに努めます

 

①痛いところだけ治療するのではなく、身体全体の体質を改善します


 

  膝や腰痛では、軽度の症状であれば、筋肉や関節に的をしぼった治療で改善しますが、

  長患いになりますと、筋肉や関節の治療だけでは充分な効果が得られません。


 膝・腰痛においても、体質の改善が重要です。

  頭痛や更年期障害などの自律神経失調症であれば、なおさら体質改善が欠かせません。


  体質の改善には3つの柱があります。

   1 免疫力を上げる 

   2 滞った古い血液を解消する

   3 内臓を整える

  この3点が改善されたとき、症状が大きくかつ着実にラクになっていくのを実感されることでしょう


 

②「患者さんご自身が、自宅にいながら自分の身体を治療できること
 を目指します


  患者さんが鍼灸師に全て依存してしまうことは、
  当院はあえて避けています

  なぜなら「 最高の主治医は患者さん自身 」であるからです
  

  鍼灸治療は、あくまで治癒のきっかけ作りにすぎません。

  本質的な治癒は、患者さん自身が自分でお灸を続け、
  食生活を見直すことで得られていきます
  そうすると、治るスピードも格段に早くなり、
  治療にかける時間もコストも節約できるのです

  こうした視点から、患者さんご自身が、簡易灸や置き鍼を使って、
  自宅にいながら自分の身体をケアできるよう、心がけます

  簡易灸や置き鍼は、ドラッグストアやインターネットで簡単に手に入り、
  自宅にて自分で使うことができます。
  いわば、病院や鍼灸院に頻繁に行かなくとも、
  自分で自分を治療することができるのです。

  そのためにも、当院は患者のみなさまに、
  効果的なツボの場所を、丁寧にお伝えしています


  
  

③身体だけを診るのではなく、「生活習慣」や「病歴」も診ます

 

  病の原因は、意外なところにあります。

  20年前の交通事故が、頭痛を引き起こしたり、

  数年前の頭のケガが、うつを引き起こしたり、

  食生活の乱れがアトピーを発症させたりするのです

 

  原因を取り除くと、ゆっくりではあっても着実に症状は変わっていきます

  真の原因を突き止めるために、

  初診時には問診に30分かけて、「生活習慣」や「病歴」もお聞きしています


 

④治療効果を高めるために、簡易灸ではなく、
 もぐさを捻ったお灸を使います
  簡易灸よりも、もぐさを捻ったお灸のほうが、はるかに効果があります


 
⑤お灸の際は、皮膚にアルミの台紙を貼り、 痕が残りにくいようにつとめます     
   ※お灸がどうしても苦手な方には、お灸は使いません


 

⑥長期慢性症・難症の方には、食事や自宅ケアのアドバイスもいたします

  早くよくなるために、ご自宅でも、せんねん灸や
  置き鍼を続けると効果的です。

  当院では、「治療とは、治療を受ける人と治療する人との共同作業」と
  考えています。「鍼灸師が一方的に治療して終わり」では、
  ベストの治療とはいえません。

  鍼灸師の治療と併行して、
  患者さん自身でお灸や置き鍼を行うと、驚くほどの効果がでてきます

  さらに踏みこんで申し上げますと、

  「患者さんご自身が最高の主治医」です。

  当院でも最大限のことは致しますが、
  治療を受ける皆様がたが、自宅で、せんねん灸や置き鍼を自らやっていただければ、

 

  さらに効果がでてきます。

  そのためにも、当院では、お灸のやり方やツボの場所を
  丁寧にお伝えしています。
 
  また、難病の方ですと、食生活の改善が欠かせません。
 
  当院が推奨する食事は、
  「冷たいものや白砂糖、精白したものを避ける」
  「肉や揚げ物を減らし野菜を多く摂る」
  といった、全体食・野菜中心の食事です

 

   お肉はある程度は必要と考えております

  極端な菜食主義は、後年にウツ症状を引き起こす一因となりますので

  おすすめしていません



⑦細い鍼を浅く刺すことで、痛くない鍼・気持ちよい鍼をおこないます
  当院の使う鍼は、0.16mmと髪の毛ほどの太さです

  刺したときの痛みはほとんど感じません治療中、多くの方は心地よく眠っていらっしゃるほどです

 「鍼をさすなんて怖い・・」という方も安心して治療がうけられます



  
⑧症状が起きている原因を、分かりやすくご説明いたします
  なぜその痛みが起きたのか、身体の中で起こっていることを、
  イラストや模型を使ってご説明します

 

⑨無理な営業はいたしません

 

  大切なことは、患者さま自身の「治療を受けたい!」という気持ちだと考えます

  みなさまの予算やお仕事の日程など、経済的時間的に無理を強いては、
  治療も続かず効果も得られません


治療のペースについては、病状以外にもみなさまの状況をお聞きした上で、

 「これくらいの治療の頻度がいいですよ」と当院より提案しております。


みなさまのご都合も考慮しながら、

   ベストな治療日程のペースを話し合って決めていきましょう。

お問合わせ&予約Tel:

080-6671-1286

(対応は朝7時~夜10時までOK)