肋間神経痛

治療をしていますと、肋間神経痛の方をしばしば見かけます

月に3・4人は見かけるほどです

腰痛・首肩・膝のトラブルの次に多いような気がします

 

肋間神経痛がみなさんにとって悩ましいのが2点あります
 ①肋間神経痛だとは判らない

    胸・背中・肩が痛むので、筋肉痛か関節痛として判断されてしまうことが多いです

 

 ②(ぶっちゃけ)病院の治療では効果がでにくい

    痛み止めや湿布を出されて終わりということが多いです

    これではなかなか改善ができません

 

以前、治療した肋間神経痛の方は20年間原因不明の胸の痛みに悩んでいるとおっしゃっていました

精密検査も受けたが、原因がわからないと、とても辛そうなご様子だったのを記憶しています

脇の下や胸骨の際、背骨の際を押さえると痛みがでます

 

肋骨にそって指で圧迫すると痛みがでます
こうなれば、ほぼ肋間神経痛と判断できます

 

 

鍼を刺し、自宅でできるお灸のツボをお伝えして治療を終えます

「あ~、20年の痛みからやっとラクになった~」とのこと

治療家としてもっとも嬉しい瞬間です

 

この方は自宅でもお灸を熱心に据えられ、

2回の来院治療でほぼ完治されました

※胸の痛みは内臓のトラブルの可能性も考えられますので、

 一度は内科で診てもらうのが安心です

 

 

 

別の例では、寝違えのあとに肋間神経痛の症状がでたというケースもありました

この方も寝違えの治療をして、肋間神経痛の治療をし、笑顔で帰っていかれました

連鎖して続けて起こる痛みにも、鍼灸はたしかに効いてくれます

 

このブログを御覧になって「もしかしたら私も肋間神経痛かも・・・」と気になる方は

お気軽にお電話くださいね